桶狭間病院 藤田こころケアセンター

お知らせ

家族教室

アルコール家族教室のお知らせ

研究・研修会

江崎悠一医師 第117回日本精神神経学会学術総会 優秀発表賞を受賞しました

当院精神科 江崎悠一 医師が第117回日本精神神経学会学術総会において、優秀発表賞を受賞しました。 【発表の概要】 受賞タイトル:夜間光曝露と双極性障害患者の躁症状との横断的関連 本研究は、外来通院中の184名の双極性障害の患者さまの、自宅での寝室の光を1週間評価し、外来診察にて躁症状を評価しました。結果として、夜間の寝室が明るいグループは暗いグループと比較して、躁症状の悪化が認められました。このことから、夜間に寝室を暗くして眠ることは双極性障害患者における躁症状を軽減させる可能性があることが明らかになりました。  

研究・研修会

ブレインバンクにご協力をお願いします

スライド1.JPG

お知らせ

もの忘れ外来開設のお知らせ

もの忘れ.JPG

お知らせ

年末年始の休診について

12月29日~1月3日まで年末年始の為休診させていただきます。

お見舞いに関しましては感染予防の観点から行っておりませんのでご了承ください。

尚、着替えや洗濯物等、荷物の受け渡し等は行っております。

研究・研修会

江崎悠一医師 第27回日本時間生物学会学術大会 奨励賞を受賞

精神科 江崎悠一(えさき ゆういち) 医師が、第27回(2020年度)日本時間生物学会学術大会(2020年9月26~27日、オンライン開催)において奨励賞を受賞しました。(http://chronobiology.jp/prize.html)


〈受賞タイトルおよび研究課題名〉
「日常生活における光曝露環境と双極性障害の病状との関連」
〈発表概要〉
本研究は、外来通院中の218名の双極性障害の患者に対して、1週間の日中および夜間の光曝露と病状(精神症状、睡眠の質、体内リズムなど)を評価しました。結果として、日中の光曝露は抑うつ症状の減少と関連し、夜間の光曝露は睡眠の質、体内リズム、そして躁症状の悪化と関連していることがわかりました。以上より、日常生活における光曝露は双極性障害患者における気分症状、睡眠障害、そしてリズム障害と密接に関連していることがわかりました。

お知らせ

外来アルコール・薬物ミーティング再開のお知らせ

外来のアルコール・薬物ミーティングを6月11日(木)より再開いたします。

再開にあたり、場所や時間に変更がございます。

再開希望の方はご連絡ください。

家族教室

アルコール依存症家族教室 再開のお知らせ

アルコール家族教室を6月13日(土)より再開いたします。
再開希望の方は、【相談室 家族教室担当】までご連絡ください。

お知らせ

アルコール・薬物ミーティングについて

現在コロナウイルス感染対策により外来患者さん対象のアルコール・薬物ミーティングを中止しています。

再開の目途が立ち次第こちらのホームページでお知らせいたします。

お知らせ

面会・外出泊の制限についてご協力のお願い

入院患者様の面会、外出泊について
新型コロナウイルス感染症の感染拡大を抑えるため、当面の間、以下の通り面会・外出泊を制限させて頂きます。皆様のご理解とご協力をお願いいたします。

①原則、面会の自粛をお願いします
②入院患者様の不要不急の外出泊は控えて頂きますようお願いします
※洗濯物の出し入れや日用品の差し入れ等は病棟入り口で対応いたします

なお、以下の例外においては面会が許可となります。
・医師による緊急の呼び出し
・病状や治療に関する説明
・その他、医師が必要と判断した場合
※来院時は手洗い、手指消毒、咳エチケット、マスク着用でのご来院をお願いします。

                                    
桶狭間病院藤田こころケアセンター

CATEGORY

ARCHIVE